Loved One

合コンの服装をチェックしておこう|印象付けることが大切

社内での恋愛のメリット

社内での恋愛のメリット

男女

社内恋愛のメリットの筆頭と言えば、「会社に行くのが楽しくなること」でしょう。学生の頃、その日の給食のメニューに好物が出るときに感じたような高揚感を毎日味わうことができるのですから、このメリットは計り知れません。「毎日好きな人に会える」という事実だけで、生活自体に張りと潤いが生まれます。社内恋愛というのは、例えるならば「オリジナルの美容エステ」のようなものです。もちろん、会社に行く以上、仕事はきっちりとやらなければなりません。いくら社内恋愛中の人でも、その人に与えられた仕事をきっちりとこなさなければ、社内恋愛はおろか、社外恋愛すらもできなくなってしまいます。一にも二にも「まずは仕事」です。他にも、社内恋愛のメリットはたくさんあります。「恋人との共通の話題が増える」などがそうです。同じ社内で働いているわけですから、人間関係はもちろんのこと、その日に社内で起こった出来事に関する話題を自然に共有することができます。「プライベート以外の空間において、生活のベースの大部分を共有することができる」というメリットはとても大きいです。共通の話題が増えるということは、それらの話題を叩き台にして、喜びを分かち合うことも、悲しみを分け合うこともできるということです。プライベートという「私の空間」だけでは分かち合えないことも、仕事という「公の空間」が加わることによって、様々な感情をより深く分かち合うことができるようになります。

出会いの数より質の高さ

手を繋ぐ人

婚活では出会いの数が多いほうが良いといわれています。確かに、たくさんの相手と出会うことで結婚相手に出会う確率も高くなります。しかし、出会った相手に結婚する気持ちがない場合は、何年付き合っても恋人のままで終わってしまいます。つまり、出会いの数よりも結婚の本気度が高い人に出会うことが重要なのです。そして、婚活において質の高さも重要なポイントです。質の高さとは自分の希望条件に合った相手ということです。街コンや婚活パーティー、婚活サイトでは相手の細かい条件が不明なので、付き合いだしてから希望と違う人だったということがあります。このようなことを未然に防ぐには、結婚の本気度が高い人が登録する東京の結婚相談所がお勧めです。東京の結婚相談所は希望条件から相手を探すので質の高い出会いが出来ます。年齢や年収、職業といった基本情報から家族構成、同居などの情報が分かるので、条件に合わない人を避けることができます。東京の結婚相談所に入会する時は、20〜40万円登録費用や月会費、成婚料などが必要になります。他の婚活よりも費用が高くなりますが、それだけ払える余裕があるという証明になります。生活に余裕がなければ当然支払うことができませんから、相手の経済力を知ることができます。近年では、男性並みの年収を稼ぐ女性もおり、生活レベルの釣り合いがとれる者同士が出会えます。東京の結婚相談所は、結婚相談所連盟や団体に加入しているところが多く、全国の結婚相談所とネットワークで繋がっています。近くに希望条件の相手がいない場合は、他県で探して出会うことも可能です。

飲み会や酔った同僚の勢い

カップル

結婚をしたい、彼氏彼女が欲しいと思ってはいても、社会人になればなかなかきっかけや出会いがないものです。そこで出会いの一つとなるのが会社という場です。同じ部署内や異動先、新入社員などさまざまな出会いと別れを経験することが出来ます。実際に職場で結婚している人の旦那さんや奥さんを聞いてみると、同じ会社内の人が多数だったりします。ではどのようにして社内恋愛にまで発展していくかというと、そのきっかけの一つとして会社の宴会があります。これは私の周りであった実際の経験です。女性は1人をただの同じ職場の人、もう一人はその女性をタイプだとは思っていたが付き合うまでは思っていなかったという2人の男女がいました。お酒も入りいい雰囲気になった2人を見て、酔った周りのおせっかい焼きたちが連絡先を交換するよう促し、そこから数週間後にはその男女のお付き合いが始まっていました。このように何がきっかけで社内恋愛が始まるかわからないものです。また、社内恋愛と聞くと、別れた時に気まずくなるなどと言ったマイナス思考に考えてしまう人も多いですが、逆に考えると、付き合っている間は部署が同じや違うにかかわらず常に近くに感じられる場所にいることが出来ます。さらには結婚した場合には、休みや就業時間が同じなため、一緒に休日出かけるといった予定も立てやすいといったメリットもあります。敬遠しがちな社内恋愛も思いがけない事がきっかけで始まり幸せな結婚生活までたどり着くことがあるかもしれません。